【MLB】日本人メジャーリーガーが次々と肘を壊すわけ

:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2015/04/18(土) 16:01:01.54 ID:???

■次に危ないのはこの人だ! 

日本の球界ではトップに君臨したピッチャーたちが、海を渡ってメジャーリーグ(MLB)の舞台に立つと、
深刻な怪我を負う事態が頻発している。

3月6日、ダルビッシュ有(レンジャーズ)の右肘側副靭帯の損傷が発覚、
靭帯の修復手術(トミー・ジョン手術)を受けることになり、今季の出場が絶望的となった。

昨年7月、田中将大(ヤンキース)の右肘靭帯部分断裂が発覚したことも記憶に新しい。
そのほかにも、2011年に松坂大輔(今季からソフトバンク)、12年に和田毅(カブス)、13年に藤川球児(レンジャーズ)が肘の靭帯を損傷。
同級生である3人が靭帯の修復手術を受けた。日本人ピッチャーの身に、何が起きているのか。

怪我の遠因は諸説あるが多くの日本メディアが報じているのは、MLBが日本のプロ野球と異なるボールを使用していること、
日本より短いサイクルで先発投手の登板機会が回ってくるとする、“過酷説”である。

元巨人の投手で、ロサンゼルス・ドジャースのスカウトを13年務めた小島圭市氏に話を聞いた。
アメリカのマイナーリーグでもプレー経験があり、日米の野球事情を知る人物である。

「ベースボールと野球の違いはあると思います。
日本のボールよりアメリカのボールのほうが重いわけですから、当然、負担がかかります。
登板間隔についても同じことが言えます。人間には慣れというものが存在しますから、適応に時間がかかります」(小島氏)

とはいえ、これだけが原因とは思えない。
なぜなら、黒田博樹(今季から広島)、上原浩治(レッドソックス)といった投手は、大きな怪我をしていないからである。

そこで、次に挙げられるのが“投球フォーム説”だ。
小島氏は「黒田投手や上原投手が重大な故障をしていない1つの要因として考えられるのは、投球フォームに起因します。
彼らはどちらかというと、“力投”しない投球フォームなのです。
わかりやすく言えば、余分な力を入れることなく、柔らかく投げているということです。
松坂、藤川両投手は力投型、和田投手は、特殊なフォームだった」と分析している。

松坂や和田、藤川が怪我を発症したのが30歳を超えてからだったのに対し、ダルビッシュや田中が20代で怪我を負ったというのも、気になる点だ。
怪我の年齢が若くなっているという現状も、投球フォームにあるのだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150418-00015067-president-bus_all
プレジデント 4月18日(土)11時15分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150418-00015067-president-bus_all.view-000
2015年MLBオープン戦初登板、右上腕三頭筋の張りを訴え降板。翌日、靭帯断裂が発覚した。(


続きを読む

20勝するけど投げる度に魔貫光殺砲!って叫ぶ投手

:風吹けば名無し@\(^o^)/ :2015/04/05(日) 15:19:36.56 ID:32mV5O4w0

欲しいか?


続きを読む

20勝するけど投げる度に魔貫光殺砲!って叫ぶ投手

:風吹けば名無し@\(^o^)/ :2015/04/05(日) 15:19:36.56 ID:32mV5O4w0

欲しいか?


続きを読む
ギャラリー
  • 【画像】女性寿司職人「化粧してオシャレな格好で寿司を握っちゃダメなんですか?」
  • 普通の人生「大学行って就職して結婚して家を買って…」←大卒の時点で半分が脱落という事実
  • 【悲報】 西武ライオンズさん 若獅子寮のカレーを850円で売り出してしまう
  • 【悲報】金本監督、他球団のドラ1に対してメス顔をする
  • めちゃイケ最終回←5時間 香取最終回←3時間
  • サファテ「日本には自分を格上のように思っている監督が存在する」
  • 本田未央(NGリーダーであり事実上のデレステの主人公)がこれだけ手を尽くしても総選挙で勝てない理由
  • 【悲報】おぎやはぎさん、終わる
  • 【悲報】DeNA濱口に続いて今永も逝く
QRコード
QRコード
最新コメント
メッセージ

相互リンク募集中です!

名前
メール
本文
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ